末廣堂について

大正元年創業の当社は、宝暦年間(1751~1764)から続く「名古屋扇子」の伝統技法を受け継ぎ、扇骨・紙・折・仕上げ等の各工程において、伝統的手作りの製法を守り抜いて今日に至ります。
輸出向けの扇子製造業として始まった当店は、昭和の半ば、国内生産の利点を生かしたオリジナル性の高い商品を企画するようになり、イベント・ギフト用商品として企業からの新たな需要を拓いてまいりました。

株式会社末廣堂
店舗運営責任者:川瀨 貞男
店舗セキュリティ責任者:川瀨なをみ
店舗連絡先:nagoya@suehirodo-sensu.co.jp

本社
〒451-0044
名古屋市西区菊井一丁目1番8号
電話 (052)562-0135
FAX (052)571-1011
 

楽天市場店
http://www.rakuten.co.jp/suehirodo/

 

yahoo店
http://store.shopping.yahoo.co.jp/suehirodo/

新道小売店
〒451-0043
名古屋市西区新道一丁目20番14号
営業時間 10:00~17:00 日曜・祝日定休
電話・FAX (052)562-2267
職人の製造現場
職人の製造現場
職人の製造現場

職人の製造現場

新道小売店

新道小売店

沿革

大正元年  創業者 川瀨貞二郎(明治11年生)が輸出向け扇子製造業 川瀨扇子商店を開業
昭和28年  二代目川瀨宇一(明治40年生)が川瀨産業㈱と法人に改組
昭和45年  大きな転機を迎える事件がおきる。ニクソンショックによる円高で扇子の輸出が大幅減。
このころから国内販売に方向性をかえ、国内生産の利点を充分に生かし、オリジナル性のある商品を企画し、各企業からイベント用・ギフト用商品として、新たな需要を掘り起こす。
昭和52年  三代目川瀨貞男 社長に就任
昭和55年  新社屋を完成
平成4年  名古屋扇子製造組合理事長に就任
平成12年  三代目社長が長年の夢とロマンを形にした扇子製造直売店 末廣堂をオープンさせる。
平成17年  インターネットショップ、楽天市場店をOPENする。
平成20年  社名を【株式会社 末廣堂】と変更。

加盟組合

名古屋扇子製造組合  理事長
名古屋商工会議所 

ページトップ